子連れ避難訓練・防災のこと

熊本地震が起こってから
もう1か月以上がたちました。
被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。
特に小さなお子さん連れで大変な思いを
されているママ・パパ、そして子どもたちに
安心できる日常が早く戻りますよう願っております。

東日本の地震後、ままちっちでは
おさがリサイクルの会場で募金の呼びかけを
続けてきました。いつもたくさんの方が募金に
協力してくださっています。
次回は7月12日(火)に実施が決定していますが
あわせて熊本への募金活動もおこないたいと思います。
ご協力よろしくお願いいたします!

避難訓練

 

 

 

 

 

そして、5月25日(水)こもものひろばさんで
乳幼児と一緒に避難訓練が実施されます。
詳細ご確認の上、ぜひ参加してみてくださいね。

こもものひろば

先日、阿倍野区の子育て支援連絡会があり、そこでも
防災が話題にのぼりました。
ひろばや乳幼児向けのイベントをそれぞれ実施している団体も
多く、イベント中やひろば実施中に地震が起きたときに
参加されている方の安全をどう確保するか、などです。

しっかりとマニュアルがあって訓練を定期的にされているところも
もちろんありますが、恥ずかしながら、私たちままちっちでは
例えばおさがリサイクルの時に地震があったら、という視点は
まったくありませんでした。子連れのスタッフも多く、
そもそも何かできるのかわかりませんが、でも少なくとも避難経路は
確認しておかないといけないな、と反省しております。

すごいなぁと思ったのは複数の読み聞かせのグループさんも
いらっしゃるのですが、みなさん、避難後に避難所で
子どもたちに対して、動けるスタッフで絵本を読みにいったり
どんな活動ができるのか話し合ったと聞いたときです。

そのときにはきっとご自身も被災されていると予想されるのに…。
すごくありがたいですね。

あとは、乳幼児の間(保育園や幼稚園に入るまでの間)、どこにも
所属していない期間があるんだなということを改めて感じました。
園などに所属するとそこから情報がもらえたり、話す機会なんかも
あるんだろうけれど、それまで在宅で子育てしている間は
自分で積極的に情報を取りに行ったり、自分で家族を守るためにどうするか、を
考えておく必要があるというか…。
そういう意味では町会とか近所づきあいなどもやっぱり大事なんだろうな、とも。

防災について知れるような企画も今後、区内であるかもしれません。
ぜひぜひアンテナをはってください。こちらでも案内できればと思っています!