どんぐり拾い

DSC_3178

毎年親子でどんぐりを拾いに行っている公園があります。
金塚小学校北側のフェンスで囲まれた金塚ふれあい西公園です。

アラカシ、カシワ、クヌギ、シラカシ、ツブラジイ、マテバシイ、コナラといった数種類の
どんぐりの木や柿、ざくろの木などがあります。
10分ほどでビニール袋いっぱいになるどんぐりを拾えます。
子どもが小さい頃はどんぐりをすべり台の上から転がしたり、
大きな葉っぱでお面を作ったりして遊びました。
幼稚園生の頃はどんぐりでコマを作ったりもしました。

そうそう、この公園にあるすべり台はボーネルンドの遊具です。
子どもの発育段階やあそびの性質に着目し、遊具を開発してきた世界で初めての
遊具メーカー、デンマークのコンバン社の遊具ということです。

ちなみにむかしの通称名は「ねんどやま」ということです。
みなさんも遊びに行ってみてくださいね。

大阪市阿倍野区旭町3丁目
開園時間は午前9時から午後5~7時(季節によって異なる)。

メイ